日本国際結婚事業者交流学会

日本国際結婚業交流学会のホームページをご訪問いただきありがとうございます。
私たちは、国際結婚事業者、国際結婚しようとする方々が国際結婚と事業にどのように向き合うかを考える団体です、どうぞごゆっくりご覧ください。

日本国際結婚事業者交流学会への参加の強み

日本国際結婚事業者交流学会について

   我々は日々国際業務を扱う事業に接して国際結婚のエキスパート集団である以上に、情熱とスキルを持って力を発揮する、正常な同じ志を持つ同士の集団です、安全な明るい日本を永遠にを!
   目標指針として掲げて居ます。

政府の外国人労働者導入への取り組み

   日本政府は、今後5年間で35万人の外国人労働者の導入を政策として掲げて居ます、海外からの優秀な人材が日本を働き場所として選択して来ます、しかし海外からの若者が日本で働きと直面するのは結婚問題です、それは国際結婚と成り得る可能性が高いのでは無いだろうか。

国際結婚事業達成への道

日本は、既に国際結婚と言うキーワードについて違和感なく受け入れられるように成りました、政府指針の通り35万人の労働者が導入されたら結婚適齢期の外国人は必ず結婚を意識します、どの様に私たち学会員がサポートするかを日本行政の指導の下各クライアントの要望を達成をするか各学会員を代表して陳情や質問を行える学術学会に成長させます。

インパウンドへの学会理念

労働者として、日本で働き日本人と結婚したならば、日本人の配偶者としての資格が付与される、そこで協会は、2020年迄に4,000万人の観光客を導入する、政府指針に対応するため、地方におけるインパウンドの遅れを出さないためにも各地に生活する、国際結婚された外国人の投入を考える。
外国人妻(夫)の、働き方改革を進めたい。

事業内容

国際業務のジャンルの信念をもって国際結婚ビジネスと向き合う、我々の詳しい事業内容についてはこちらからご覧いただけます。


日本国際結婚業交流学会について


日本国際結婚事業者交流学会

 私達は、日本に於ける国際結婚のあり方に国際結婚を推進する事業者として、現在世界中の先進諸国が直面している「少子高齢化」「国民の晩婚問題」又「日本政府の指針である5年間で外国人労働者の35万人受け入れ」その後の青年外国人労働者の直面する結婚問題等を学会内の事業者が考え研究し、素晴らしい人材の働き易い日本、住みやすい日本を変化させる事無く、平和な日本の為にも我々国際結婚のプロ集団が立ち上がり、外国から日本を訪れた労働者をサポートして、必要とあれば政府に提言し問題解決し幸せな、安定した日本の継続を行う研究を行う事を目的として設立された日本国際結婚事業者交流学会です。